フューシャピンクの自転車が
東京の街を染めた、
今年のバイシクルライド

 16回目のバイシクルライドが、きらきらと輝く春の朝日と共にスタートしました。気温は今年最高の28℃になると予想され、日焼け対策の帽子やサングラス、アームカバー装備の女性の姿が目立ちました。今年はスタート時間が30分遅くなり、最初のスタートが8時30分。7時30分からの受付では、準備万端の参加者が受付に列を作ります。10人ずつが1分間隔でスタートしていきます。エアアーチを笑顔の参加者が手を振りながら走り出します。日比谷公園をぐるりと時計の針と反対回りに霞門へ向かいます。毎年変わるコースですが、今年は霞門を北上し、皇居を背に国会議事堂を正面に見ながら進みます。こんな形で見る国会議事堂の建物。みなさん、気持ちがアップしていきます。議員会館を左に見ながら坂を下ると、今度は鬱蒼とした林に見えるのが日枝神社。1300年以上の歴史を誇る由緒正しい神社は、千本鳥居や招き猫など、外国人観光客にも大人気です。外堀通りをしばらく行くと、東京五輪の大動脈となる環状二号のバイクレーンに入ります。この道路が豊洲大橋を経て、豊洲市場へ一直線に続きます。
 銀座中央通りは、11時からの歩行者天国までまだ時間があるこの時間帯は、バイシクルライドの貸切状態。ショーウインドウに映る一列の自転車隊は圧巻です。みゆき通りをまっすぐ、築地市場まで行くと、半数は場外市場へ、また半数は左折して晴海通りへ向かいます。この秋、豊洲市場へ移転する築地市場も、場外市場はこのままここで人気のスポットとして存続します。コースは勝どき橋で隅田川を渡り、晴海を過ぎて晴海大橋で東京湾を一望します。少し登りの晴海大橋も、頂上付近の絶景ポイントでは、多くの参加者が自転車を停めて記念撮影。大滝さん一家は5人で参加。「一度も下りなかったよ〜」と元気に先頭を切っていた航生くん、姉の結依さんは後続のお父さんたちを待っていました。8歳の里桜(りお)ちゃんと、父・修さん、母・綾さんが三人で到着。「このイベントが一番楽しいです。もう3回目。子供の年齢制限がないので、下の子も一緒に出られる。一家で楽しめるのがいいですね」

晴海大橋・大滝さん一家
日比谷公園〜開会式〜スタート〜国会議事堂
日枝神社〜銀座・みゆき通り〜勝ちどき橋

思い思いのスタイルで走る、
特別の一日

 豊洲に入って、豊洲市場の前をバイクレーンで富士見橋に向かいます。天気のいい日は富士山が臨める富士見橋。レインボーブリッジが海面にキラキラと輝いていました。お揃いのブロンプトンで参加してくれた右馬伸一さん、彩子さんご夫婦。横浜から、お手の物の輪行で。「横浜は坂が多い街だから、それに比べると物足りないかな。自転車のイベントが初めてなので、家族で参加できて楽しいですね」。こちらも記念撮影していた、ゆるやかな職場仲間のグループ。参加が5回目という渡辺泰さんが、お仲間を増やしてくれました。中村真祐美さん、青川祥子さん、下村祐輔さん、木暮有賀さん。「今日は天気がいいので、楽しいです。今年のサコッシュは目立つ色でいいですね」。
 お揃いのチームポロシャツの男性陣4人は5年ぶり2回目。若いのに少々覇気がないと思いきや、埼玉県から参加の二人は、昨日から前泊で少々お疲れ気味。チーム名は「チャライダー」、全然チャラくありませんが。牧快昌さん、寺井佑太さん、古川毅司さん、松本歩さん。「スターバックスのエイドが楽しみ。早く行かないと」
 豊洲の街を抜けて、春海橋を渡ると、もんじゃで有名な月島。ここでお昼、という人達も多かったようです。清澄通りに出て、相生橋を渡れば、越中島公園。入口付近に第1エイドになるノルレェイク・エイドステーションが、イタリアン・レストランなどではお馴染みのミネラルウォーター、サンベネデットを冷やしてくれています。暑さの中でうれしい水分補給。全員が水を受け取ると、そのまま歩いて隅田川沿いへ。暑さもあって、ほとんどが腰を下ろして休憩しました。向かいには石川島の高層マンション群、隅田川が前面に広がっています。STRIDA(ストライダ)というボタン一つで畳める英国製の自転車のグループも休憩中でした。全日本ストライダ愛好会、リーダーの木口栄さん、兵頭毅之さん、下田哲也さん。「名所を見ながら走れて、楽しいですね。柴又とか、スカイツリーなんかも行きたいな」

ノルレェイク・エイドステーション ミネラルウォーター サンベネデット
富士見橋〜越中島

初めて自転車で走ってみた
東京の魅力とは

 永代橋を渡り、永代通りを進み、JRのガードをくぐると左折。東京駅が見えてきます。大手町のビル群を抜け、第2エイドはもうすぐ。スターバックスコーヒー・エイドステーションです。総勢60人のスタッフにより、飲み物、軽食が手渡されます。笑顔の大歓迎を受け、参加者の顔がほころびます。しばし長めの休憩を取る人も。スタバエイドはクローズが12時30分と決まっており、間に合わない参加者もいました。スタバエイドを体験したければ、来年は早いスタート時間がおすすめです。ここから、もう一度東京駅を左手に見て、和田倉交差点を右折し、皇居パレスサイクリングに入ります。ハナミズキがきれいな皇居をバックに、フューシャピンクのサコッシュを着けた参加者が列をなしています。ここまで来ればゴールはもうすぐ。九段坂を上ると、千鳥ヶ淵。外堀通りへ合流すれば、ゆるやかに桜田門まで下って、日比谷公園に向かいます。
 午後2時の閉会式では、寄付金贈呈式のあと、協賛・協力社からの豪華賞品が当たるじゃんけん大会で盛り上がりました。その後も、ステージ前ではステージボードをバックに記念撮影が続きます。バイクラックの自転車がなくなってから、会場へ戻ってくる参加者もいました。5人全員が初参加で、ドコモ・バイクシェアで走った「にんじんサラダ」のみなさん。月島でゆっくりランチをしていて、すっかり遅くなってしまったとか。「国会議事堂もよかったし、晴海大橋もきれいだった。東京を走ったのは初めてです。すごく楽しかった」。このあと、近くのサイクルポートで自転車を返却しました。

スターバックスコーヒー エイドステーション〜閉会式
永代橋〜東京駅〜皇居
ゴール〜寄付金贈呈式〜閉会式